太陽系儀 - Orrery 『三球儀/琥珀版』(完成品/ミニガラスドーム入り) / ものづくりの部屋

mono-sanK01

3,600円(税込3,960円)

在庫状況 残り2個です

購入数

ほんの少し手を加えることで、思いもよらない構造体が出現する様な、そんな構造の面白さ、美しさをもった物体を、エッチング技法と真鍮等の金属を用いて、日々模索し、製作している工芸作家“ものづくりの部屋”。

『プチ ラボラトワール - 手のひら研究室』は『プチ ミュゼ 〜手のひらの博物館』の中にある空想上の研究室です。実際に博物館にあるモチーフや、そこから発想してイメージした少し不思議なものなどをミニチュア化しています。実際にある物体を、忠実にミニチュアとして再現するのではなく、エッチングという手法が得意とする線的な要素を効果的に用い、あくまでも自分が美しいと思うイメージの中のフォルムにこだわっています。

【太陽系儀 - Orrery 『三球儀』】
18世紀に時計師により作られた、地球・月・太陽の三球を模型化し、地球の自転、公転、月の満ち欠け、四季における昼夜の長短などを説明するもの。それをミニチュア化し、小さいながらも存在感と雰囲気のある作品です。こちらは従来のビーズを、太陽を琥珀、地球をカイヤナイト、月をパールのクリームで表現しています。

こちらはすでに組立された「ガラスドーム入り完成品」で、そのまま飾って楽しんでいただけます。

■サイズ: 直系2.5cm×高さ4cm(ガラスドームの大きさです)
■太陽を琥珀、地球をカイヤナイト、月をパールのクリームを使用
■ガラス製品なので、『佐川急便』のみの発送となります。
■三球儀は動かせません。

カテゴリーから探す